中学数学の応用問題に強くなるための勉強法を紹介

中学で数学の応用問題に強くなるためには

中学校で数学が苦手になってしまう人には共通した特徴があります。
それは、自力で問題を解こうとしがちなところです。

 

教科書や参考書で単元のまとめを読んで、基本問題の解き方の解説をチェック。
で、応用問題に挑戦という勉強になっていませんか?

 

その勉強法で成績が上がっているなら問題ありません。
実際はどうでしょうか?

  • 応用問題を読んだ時点で何から手をつけて良いのかわからない。
  • 同じところで頭がグルグル回るだけで先に進めない
  • かといって基本問題を解き直しても何のヒントにもならない

…というようなことになっていませんか?

 

初見(初めて見る)の問題ならそうなるのが自然です。
最初から解き方がわかる人はめったにいません

 

「証明せよ」なんて言われても、何をどう証明すればいいのかわからないのが普通です。

 

数学が「できる」人の勉強法

数学が得意な人でも初見の問題は解き方がわからないことがほとんどです。
得意な人と苦手な人の違いはわからないときの勉強法。

  • 得意な人…答えを見て、解き方を覚える
  • 苦手な人…自分で答えを出そうと考え出す

数学の応用問題には解き方のパターンがあります。
このパターンを自分で考え出すのは至難のワザ。

 

自分が知っているパターンの中から似ているものを見つけ出すのが効率的です。
ということは、知っているパターンが少なければ見つけ出すことができません。

 

違いはココ

数学が得意な人とそうでない人の勉強法の違いはココです。

 

数学が得意な人は応用問題の解き方のパターンを覚えることに時間をかけます。
反対に苦手な人は無謀にも自分で解き方のパターンを作り出そうとしているのです。

 

解き方のパターンを作り出すなんてことができるわけがありません。
ウンウン考えて、答えが出せず、そのうちにイヤになってしまうだけです。

 

そんなストレスがかかるだけの勉強法は止めましょう。
問題を読んでわからないと思ったら、解き方を見て覚える。

 

その繰り返しで応用問題の解き方のパターンを数多く知ることが効果的な勉強法です。
これならわかならいでイライラすることもないので、ストレスなく勉強が続きます。

 

応用問題の解き方のパターンを覚える

大事なのは答えを見るのではなく、解き方を見るということ。
覚えるのはあくまで解き方です。

 

答えを覚えても、まったく同じ問題が出るわけではないので意味がありません。
同じ問題は出なくても、同じ解き方で答えが出せる問題は出題されます。

 

このサイトでは中学数学の応用問題の解き方を解説しています。
解き方のパターンを覚える参考にしてみてください。

PR