数学検定3級の合格率と難易度情報

数学検定3級の合格率と難易度は?

数学検定の中で最も受験する人が多い級が3級です。
数学検定の3級は中学3年生レベルでもあり、受験する中学生も少なくありません。

 

そこで、ここでは数学検定3級の合格率難易度など概要についてまとめておきました。

 

数学検定3級の1次試験と2次試験

数学検定の1級から5級までは、計算問題中心の1次試験(計算技能検定)と文章問題など応用問題が中心の2次試験(数理技能検定)があります。

 

1次、2次という名称になっていますが、1次に合格した人だけが2次を受けられるのではなく、誰でも同じ日に1次と2次を受検することができます。

 

検定時間、合格基準は下記のとおりとなっています。

 

数学検定3級の1次検定と2次検定
1次2次
計算技能検定数理技能検定
検定時間60分60分
問題数30問20問
合格基準全問題の70%全問題の60%

 

数学検定3級の出題レベルと割合
レベル出題割合
レベルE(中学3年範囲)30%出題
レベルF(中学2年範囲)30%出題
レベルG(中学1年範囲)30%出題
特有問題10%出題

 

レベル別の内容
レベルE平方根、式の展開と因数分解、素因数分解、二次方程式、三平方の定理、円の性質、相似比、面積比、体積比、簡単な二次関数、簡単な統計 など
レベルF文字式を用いた簡単な式の四則混合計算、文字式の利用と等式の変形、一元一次不等式、連立方程式、平行線の性質、平行線と線分の比、三角形の合同条件、四角形の性質、相似条件、一次関数、確率の基礎、相関図と相関表 など
レベルG正の数・負の数を含む四則混合計算、文字を用いた式、一次式の加法・減法、一元一次方程式、基本的な作図、平行移動、対称移動、回転移動、空間における直線や平面の位置関係、扇形の弧の長さと面積、平面図形の構成、空間図形の切断・投影・展開、柱体・錐体及び球の表面積と体積、直角座標、負の数を含む比例・反比例、近似値と誤差、度数分布とヒストグラム、平均値と範囲 など

 

数学検定3級の合格率

数学検定3級の合格率はおおむね60%前後となっています。
難しいということはないのですが、誰でも受かるというレベルでもありません。

 

ちなみに、ひとつ上の級の準2級の合格率は35〜40%程度、ひとつ下の4級(中学2年レベル)の合格率は70%前後となっています。

 

数学検定3級の年度別合格率
年度志願者数受検者数合格者数合格率
2017107,097103,12060,85659.0
2016105,154101,66367,20166.1
2015106,208102,61760,28658.7
2014102,53199,23363,10363.6

志願者数、受検者数、合格者数は「人」。合格率は「%」。
(出所:数学検定公式サイト)

 

準2級と4級は下記のとおりです。

 

準2級の年度別合格率
年度志願者数受検者数合格者数合格率
201754,10051,41819,16537.3
201652,75650,06517,91635.8
201551,77749,43718,12636.6
201449,31847,32218,71539.5

(出所:数学検定公式サイト)

 

4級の年度別合格率
年度志願者数受検者数合格者数合格率
201745,33243,36130,42870.2
201645,79443,86230,12368.7
201547,07045,22530,89068.3
201445,42243,61031,24171.6

(出所:数学検定公式サイト)

PR