中学生向け数学検定のメリット、レベル、勉強法

中学生のための数学検定情報(メリット、レベル、勉強法)

数検(数学検定)について、そのメリットレベル勉強方法を中学生向けに解説しています。
英検ほど有名ではありませんが、受験者数も増加中です。

 

数学検定とは

数学検定(略して数検)とは、その名の通り数学の学力を測る検定です。
誰でも受検することができるので、小学生でも受検している人がいます。

 

数学検定のメリット

中学生の場合、数検を取得取得しておくと、高校入試のときに有利に働きます。
学校(受験高校)により推薦入学や内申点にプラスされることがあるためです。

 

一例をあげると、次のように高校入試で有利になります。

高校名都道府県対象級メリット
帝京八王子高等学校東京都3級以上一般入試、推薦入試において内申点に3級は+1,準2級以上は+2を加点
日本大学鶴ヶ丘高等学校東京都準2級以上推薦入試において推薦基準より「−1」の数値で出願を認めている
保善高等学校(普通科)東京都準2級以上一般入試、推薦入試において内申5科の評定に「+2」として評価
3級一般入試、推薦入試において内申5科の評定に「+1」として評価
大阪桐蔭高等学校(普通科TUV類)大阪府準2級以上入学試験の「数学」において点数(得点)を以下の通り保障する。準1級:90点、2級:70点、準2級:50点

ココに掲載したものはあくまでも一部です。
数検取得者を入試で優遇している高校は他にもたくさんあります。

 

数学検定のレベル

数学検定のレベルは1級から11級まで(準1級、準2級を含む)に分かれています。
中学生が受験するレベルとしては3級から5級が一般的です。

 

それぞれ次の割合で出題されます。

 

レベル高1中3中2中1小6小5
準2級50%40%
3級30%30%30%
4級30%30%30%
5級30%30%30%

表の見方…準2級の問題は、高1レベルから50%、中3レベルから40%出題される。
各級とも残り10%は数学検定の特有問題のため、学年による分類はできないものです。

 

中学3年生は3級、2年生は4級、1年生は5級というのが標準です。
ちなみに、数学検定全体の中で最も受検者数が多いのが3級です。

 

なお、数学検定で中学3年〜1年の範囲としているのは次の通りです。

中学1年平方根、式の展開と因数分解、素因数分解、二次方程式、三平方の定理、円の性質、相似比、面積比、体積比、簡単な二次関数、簡単な統計など
中学2年文字式を用いた簡単な式の四則混合計算、文字式の利用と等式の変形、一元一次方程式、連立方程式、平行線の性質、平行線と線分の比、三角形の合同条件、四角形の性質、相似条件、一次関数、確立の木曽、相関図と相関表など
中学3年正の数・負の数を含む四則混合計算、文字を用いた式、一次式の加法・減法、一元一次方程式、基本的な作図、平行移動、対称移動、回転移動、空間における直線や平面の位置関係、扇形の弧の長さと面積、平面図形の構成、空間図形の切断・投影・展開、柱体・錐体及び球の表面積と体積、直角座標、負の数を含む比例・反比例、近似値と誤差、度数分布とヒストグラム、平均値と範囲など

 

参考までに、小学校6年、5年の範囲は下記となっています。

小学6年分数を含む四則混合演算、円の面積、円柱・角柱の体積、速さの理解、縮図・拡大図、対称性などの理解、基本的な単位の理解、比の理解、比例や反比例の理解、資料の整理、簡単な文字と式、簡単な測定や軽量の理解など
小学5年整数や少数の四則混合演算、約数・倍数、分数の加減、三角形・四角形の面積、三角形・四角形の内角の和、立方体・直方体の体積、平均、単位量あたりの大きさ、多角形、図形の合同、円周の長さ、角柱・円柱、簡単な比例、基本的なグラフの表現、割合や百分率の理解など

 

3級の合格率は59.0%(2017年度)

2017年度の級別受検者数と合格率は次の通りです。

受検者数(人)合格率(%)
1級1,1346.5
準1級4,83018.9
2級21,35230.4
準2級51,41837.3
3級103,12059.0
4級43,36170.2
5級34,20672.3
6級19,00484.8
7級16,33279.2
8級16,67487.6
9級16,35491.2
10級15,40595.2
11級13,23195.9
ゴールドスター2,26998.4
シルバースター1,47998.4
合計360,16964.5

(出所:数学検定ホームページ)

 

数学検定の勉強法

数学検定は出題パターンが決まっているので、過去問を解くことが一番の勉強になります。
一度だけでなく、繰り返し解いて解法パターンを身につけておくことが高得点に直結します。

 

また、数学検定は良問が多いので、しっかり勉強することで数学の地力がつき、高校受験にも役立ちます。検定を受けなくても、数検の問題で勉強することをオススメします。

PR